ビフィーナという乳酸菌の商品に対するネット検索の件数とここ2年間の傾向

ビフィーナという乳酸菌の商品に対するネット検索の件数とここ2年間の傾向

ビフィーナという乳酸菌は、インターネットを通じて購入する事ができます。特にSタイプの場合は、通信販売サイトでないと購入する事ができません。Rタイプの場合はコンビニなどで購入をする事も可能なのですが、それ以外のタイプの場合はネット通販になるのですね。
それだけにビフィーナは、ネットで検索されている事もよくあります。いわゆる検索エンジンの窓に対してビフィーナというキーワードを入力し、検索されている事も度々あるのです。

 

今年になってからビフィーナに対する需要が増加している

 

ところでそのキーワードの検索件数は、今年に入ってから急増している状況なのです。過去2年間の状況と比べても、数が大きく増えている事だけは確実ですね。
まず2年前の時点なのですが、平均的には18,000件前後という状況でした。月によってはキーワードでの検索件数が2万件を超えている事も有ったのですが、1年間の平均値で考えれば、やはり18,000前後という状況だったのです。
ちなみに2年前の場合は、8月に検索件数が大きく伸びています。その月の場合は、35,000件前後という状況なのですね。他の月に比べれば2倍近い数字になっている訳ですが、その月に需要が高まっていた事だけは確実でしょう。ちなみに何が理由で需要が高まっていたかは不明です。

 

そして去年に入ってからは、ほぼ18,000件前後で安定している状況でした。やはり月によって多少の波はあるのですが、去年はそれほど件数が動いていない状況だったのですね。
ところが今年に入ってから、検索件数が急激に伸びているのです。今年の1月に突入すると、急に3万件前後になります。2月などは多少検索件数が減っているのですが、それでも28,000件前後という状況です。そして今年の3月以降は、3万件前後でほぼ安定している状況なのですね。ですので過去2年間の水準に比べれば、今年の検索件数が多く伸びている事だけは確実でしょう。

 

そして検索件数が増加している以上は、もちろんビフィーナに対する需要が増えている事だけは確実です。需要がなければ、そもそもインターネットで検索される事も無いでしょう。実際には今年に入ってからかなり件数が伸びている訳ですから、最近は需要が急増している訳ですね。ちなみになぜ需要が増えているかは、やはり不明なのですが。
ただ最近では、ちょっと腸内環境に対する関心度も高まってきています。ビフィーナという商品にはお腹の中の環境を整えてくれる乳酸菌が多く配合されているのですが、それも理由の1つなのかもしれませんね。

 

アトピー性皮膚炎 乳酸菌 改善